医師や薬剤師、介護士などとともに、医療の現場において重要な役割をになっているのが看護師です。高齢化社会の進行に伴い、ますます重要性が増してきているその存在に期待の声が多く寄せられるのは当然のことともいわれています。しかしながら、激務の影響もあり腰痛に悩まされる看護師も多くなってきているといわれており、ひどくなる前に改善できるような対応が必要といえます。
元々、その職業の性質上、患者を持ち上げたり、移動させたりなどの重労働も多いとされており、特に非力な女性にとっては大変なことと容易に推測ができます。腰痛においては慢性化することも多いとされており、若いからといって油断することがないように心掛けた方が良いとする専門医も多くいます。医療や介護の現場における、人を抱き上げたりベッドから車椅子に移動させたりなどという動きをサポートする必要性について、かねてから話題を集めていました。今般では、多くの医療機器メーカーがその開発に取り組んでおり、既に一部のロボットなどが活躍を見せるまでになってきています。この流れについては国家主導で進めるロボット社会の到来というテーマとリンクしていることもあり、注目度はアップしています。看護師や介護士の腰痛が少しでも緩和されることへの期待感が広がりを見せているのです。今後についても日本における高齢化の傾向が続くことは明白な事実ですので、抜本的な対策が待たれるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です