看護師の仕事には身体の不自由な患者に対して日常的な介助を行う事も頻繁にあるので、筋肉に大きな負担が加わり腰痛を発症しがちです。特に、連日の勤務で背筋や臀部周囲の筋肉に乳酸が蓄積されている場合にはこれらの周囲の筋肉に突発的な負荷がかかることで、肉離れなどを起こす事があります。これは急に起こるぎっくり腰の典型的な症状で、看護師の方にも頻繁に見られる症状です。また、加齢と連日の勤務による疲労が加わり、慢性的な腰痛を発症するケースも多く見受けられ、場合によっては日常生活の妨げとなる場合も有ります。この腰痛を回避する方法は、無理な体勢での腰への負担を軽減する事が重要です。とりわけ、ナースの職務は患者の入浴や排泄、トランスファーなどの業務で部分的な筋肉に負担がかかりやすくなるので、腰に負担のかからない姿勢を維持する事が大切なのです。
腰にかかる負荷を軽減できれば、筋肉の損傷や負担を回避して腰の痛みの発症を食い止める事も可能です。具体的な対策としては、患者の介助で中腰の姿勢を余儀なくされる場合、腰に負担のかからない姿勢を意識し、場合によってはコルセットを着用するなどして事前に腰への負担を軽減する事がポイントとされます。腰の痛みは慢性化してしまうケースが多く、症状が進行した場合には歩行も困難担ってしまうケースが見られるために、看護職を継続する為にも、日頃から腰に負担のかからない姿勢や予防策を準備しておく事が求められます。その予防策として日常生活で取り入れることができる方法がこのサイトに書かれていました。・・・http://kangoshi-youtuutaisakuiinkai.com/prevention

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です